第11回 カーネル会 カナディアンロッキーとシアトル研修

カナディアンロッキー

カナディアンロッキーとシアトルの旅

2010年7月7日~13日

7月7日 梅雨明け前の曇空の中、17名参加者はカナダカルガリーに向けての機中で旅の思いを巡らせています。

今回の旅行を、全てコーディネートして下さいました米濱会長ご夫妻と合流し

5泊7日19名の旅が始まりました。

カナダ・・・誰もが一度は行って見たい!!人気の理由は、自然の美しさからくるもでしょう。

自然の美しさが心身ともにリラクゼーション出来るそれがカナダの中でも人気スポットNo.1と言われるバンフでは古城を摸したフェアモント・バンフ・スプリングスに宿泊。

森の緑と見事に調和した素晴らしいホテルです。

人間が英知を結集して造られた近代都市も素晴らしいですが、やはり自然の力が長い年月を掛けてつくった水と緑の美しさこそ人間が最も求めるものではないでしょうか。

2日目~3日目は、コロンビア大氷原そしてサルファー山への登頂とカナダのもつ大自然の美しさを堪能しました。

360°のパノラマ大展望から見る山々の美しさとカナディアンロッキーの中心地バンフの街並みも調和がとれていて美しかった。

今回の旅の目的の一つとして、日本を離れ海外で活躍されている実業家・・・横山義久氏・樫葉司郎氏ご両名の体験談を直接お伺いできるというのがありました。

シアトルでの事業展開をされている中で日本食(寿司)が中国を始め世界各地に進出していますが、我々フードビジネスも積極的に海外進出を目指す時期が到来したのかな・・・そんな思いがしました。

旅の最後の思い出づくりとしてはメジャーリーガーシアトルマリナーズのイチロー選手の勇姿を生で見ることでした。ここにも日本を離れて海外で活躍する我同朋を見ることが出来心から嬉しく思いました。

我々に本人は、もっと自信をもって世界を相手にスポーツビジネスそして文化においても進出したら素晴らしい事と思います。

最後になりましたが今回の旅行全行程をアテンドして頂きました米濱会長に心より感謝申しあげます。

ご多忙にも拘らず骨身を惜しまず我々の為に尽くして下さいました事17名全員を代表いたしまして心より御礼申しあげます。

ありがとうございました。

大槻利夫 記

シアトル


ペリカンクラブ(商業界フードビジネス同友会)事務局

〒870-0101大分県大分市中鶴崎2-5-1 (株)元祖・としね 内

電話:097-521-7447(代) FAX:097-521-1481

Copyright (c) 2017 ペリカンクラブ・フードビジネス同友会.